革新的がん治療 免疫新薬(抗PD-1抗体、抗CTLA-4抗体など)
プルミエールクリニックの免疫細胞療法の要、細胞培養と医療開発 『特定細胞加工物製造事業者』プルミエールクリニック付属研究所 Astron Institute
免疫検査
プルミエールクリニックの免疫細胞療法 特異的免疫療法 困難ながんに打ち克つ星野式免疫細胞療法 ステップ1 がんの壁を破る 抗PD-1抗体(一般名:ニボルマブ)などの薬剤、スパークシャワーなど ステップ2 ペプチドを用いた免疫細胞療法 患者さまお一人おひとりに合わせたテーラーメイド医療

セカンドオピニオン特診外来

がんが心配な方に向けた 食と体の外来

がんの予防外来

What's newお知らせページの一覧

重要なお知らせ  再生医療等の安全性の確保等に関する法律第4条に基づき「再生医療等提供計画」を提出し、関東信越厚生局に受理されました。 (2015年12月9日)
プルミエールクリニック付属研究所 Astron Instituteは、再生医療等の安全性の確保に関する法律第35条第1項の規定により、『特定細胞加工物製造事業者』として関東信越厚生局より認定を受けました。(2015年10月28日)
再生医療等の安全性の確保等に関する法律第26条第4項の規定により、『プルミエールクリニック認定再生医療等委員会』が関東信越厚生局から認定を受けました。(2015年 9月 2日)
変動型分子標的樹状細胞療法は現在特許出願中です

樹状細胞療法について

樹状細胞とはその名の通り樹木の枝の様なかたちを持つ免疫細胞です。
樹状になっている部分でがん細胞を捕獲。それによって収集した情報を基にキラーリンパ球も動員して、がん細胞を攻撃します。この樹状細胞をつかった治療法が樹状細胞療法になります。体外での培養を通して、樹状細胞に患者様のがん細胞の特徴を覚え込ませ、 活性化して増やした樹状細胞を体内に戻すことで、がん細胞への攻撃が活発化します。
樹状細胞療法は活性化リンパ球療法と併用することで効率よく抗がん力を高める事が可能になります。