子宮がん治療について

子宮がんの概要

■子宮頸がんの発症にはウイルス感染が関与

子宮がんには、子宮頚部(入口付近)にできる子宮頸がんと、子宮体部(内膜)にできる「子宮体がん」があります。「子宮頸がん」の発症には、HVP(ヒトパピローマウイルス)というウイルス感染が関与しているケースがほとんどです。

一方、「子宮体がん」の場合は、子宮体の内側を覆う子宮内膜の細胞が、異常増殖してがん化することが原因です。

プルミエールクリニックの子宮がん治療

■難治性子宮頸がんには

-ニュースパークシャワーリンパ球治療

進行している子宮頸がんには、「ニュースパークシャワーリンパ球治療」で、骨盤内への集中治療を行います。リンパ節転移のある場合は、局所タイプ温熱治療のパルスターゲットを組み合わせます。リンパ球の培養期間は約2週間です。

 

⇒ニュースパークシャワーリンパ球治療とは(新しいウィンドウを開きます)

 

■歩行困難な場合は

-超特異的リンパ球群連射治療

子宮頸がんが、骨盤内のリンパ節転移や骨転移を起こしたために、歩行困難になっている場合では、免疫細胞治療の中でも濃厚な治療法である「超特異的リンパ球群連射治療」に加え、骨盤腔を取り囲むように「変動型分子標的樹状細胞治療」を行います。

 

⇒超特異的リンパ球群連射治療とは(新しいウィンドウを開きます)
⇒変動型分子標的樹状細胞治療とは(新しいウィンドウを開きます)
 

■難治性子宮体がんには

-超音波によるUSサイバーと新型高速温熱リンパ球治療

難治性の子宮体がんには、超音波による温熱治療「USサイバー」と「新型高速温熱リンパ球治療」を併用します。治療効果が芳しくない場合は、「超特異的リンパ球群連射治療」を行い、変動型分子標的樹状細胞を腹部に数ヶ所注射することも効果的です。樹状細胞の培養期間は1~2週間です。

 

⇒局所タイプ温熱療法USサイバーとは(新しいウィンドウを開きます)

⇒新型高速温熱リンパ球治療とは(新しいウィンドウを開きます)

⇒超特異的リンパ球群連射治療とは(新しいウィンドウを開きます)

 

最新治療情報 子宮頸がん・子宮体がんのここに着目!

■GRP78(ストレス応答タンパク)発現抑制が治療のカギ

難治性・進行性の子宮がんを治療する際、「小胞体ストレス」という、がん増殖のメカニズムに着目します。がん細胞が急激に増殖すると、腫瘍血管新生が不十分になり、腫瘍中心にある血管は、低栄養などのストレス状態に陥ります。

 

このような状態では、がん細胞の小胞体に、栄養飢餓に対する耐性メカニズムとして、小胞体ストレス応答(UPR/unfolded protein response)という現象が起こります。アンフォールデット・プロテイン(unfolded protein/折りたたみ不全のタンパク質)が蓄積され、小胞体ストレスに関与する遺伝子やGRP78(ストレス応答タンパク)が発現亢進し、がん細胞のストレス耐性を増強。抗がん剤がなかなか効かなくなります。

 

ですから、GRP78の発現を抑えることは、がん細胞における小胞体ストレス応答の抑制に繋がり、抗がん剤の感受性(効き目)を高めることになります。従って、免疫染色法による検査を行った上で、GRP78をターゲットとした「変動型分子標的樹状細胞治療」や、キラーT細胞を増強して、抗がん力を高める「特殊型リンパ球治療(NK+α)」などを行うことが有効です。

 

⇒変動型分子標的樹状細胞治療とは(新しいウィンドウを開きます)
⇒特殊型リンパ球治療(NK+α)とは(新しいウィンドウを開きます)

 

 

肺がん
胃がん
大腸がん
肝臓がん・胆管がん
子宮がん
乳がん
膵臓がん
卵巣がん
食道がん
前立腺がん
膀胱がん
肉腫
悪性リンパ腫
咽頭がん・喉頭がん
がん性胸膜炎・腹膜炎
骨転移・転移性がん

 

診療に関するお問合せ・ご予約はお電話ください
お問合せ・ご予約の電話番号 03-3222-1088(受付時間 日曜・祝日を除く10時から17時)

資料のご請求はこちらから
資料のご請求

公開日時:2013年1月31日 | がん種別治療法 |