治療実績について

当院では、下記グラフに示すような症例の方々に免疫細胞療法を施行しております。患者さまの病態によって、免疫解析などの検査を通じ、お一人おひとりに合わせたリンパ球療法、樹状細胞療法、免疫新薬(抗体療法)、各種温熱療法、がんペプチドワクチン療法、免疫抑制物質除去療法、分子標的療法、腫瘍血管新生阻害療法、栄養補助療法、サプリメント療法などを組み合わせることにより、治療効果の改善を目指しております。

がん種別治療実績

≪ 2002年4月~2017年4月 ≫

※提携医療機関を含まないプルミエールクリニック単独実績です。

 大腸がん240、乳がん234、肺がん232、胃がん194、膵がん171、泌尿器がん154、卵巣・卵管がん122、子宮がん108、胆嚢・胆管がん91、食道がん52、肝がん51、悪性リンパ腫44、頭頚部がん44、肉腫28、脳腫瘍13、その他153(数値は患者数)

プルミエールクリニックグループの治療実績

2002~2004年(高速温熱リンパ球が主体)2年生存率34.8%、4年生存率22.8%。2005~2007年(旧式のスパークシャワーリンパ球が主体)2年生存率54.9%、4年生存率37.8%。2008~2010年(改良型スパークシャワー/キュービック式リンパ球と樹状細胞が合体)2年生存率66.7%、4年生存率44.1%。2011~2013年(超特異的リンパ球と分子標的樹状細胞が主体)2年生存率73.9%。

 

診療に関するお問合せ・ご予約はお電話ください
お問合せ・ご予約の電話番号 03-3222-1088(受付時間 日曜・祝日を除く10時から17時)

資料のご請求はこちらから
資料のご請求

公開日:2017年10月16日