超特異的リンパ球群連射療法について

威力とスピードを兼ね備えた最新システム治療

抗がん剤が効きにくい方
他に治療の方法が無いといわれている方
ある程度進行していて即効性を期待される方
  • 抗がん力と即効性に優れ難治性がんに対応
  • 通常2~4週毎

超特異的リンパ球群連射療法とは

複数のペプチドワクチンで刺激した特異的キラーリンパ球を誘導することにより、さまざまな顔を持つがん組織への対応を可能にしています。威力とスピード性を兼ね備えた免疫細胞療法の新システムです。

従来の混合型リンパ球療法は、体への負担が少ないという特徴を持ち合せていますが、少なくとも2~3ヶ月の治療期間を要します。超特異的リンパ球群連射療法は、素早くターゲットへの焦点(抗体)が定まるので、2~3ヶ月も治療効果の評価が待てない状況にある方におすすめしたい治療法です。
樹状細胞に3~4種のペプチドワクチンによって刺激を与え、NK細胞を加えることで、腫瘍抗原を提示していないがん細胞に対しても、特異的リンパ球が効果を発揮できるようプログラムされています。2~4週間後には画像診断や腫瘍マーカーなどによる効果判定が可能です。

超特異的リンパ球群連射療法
治療前:肝臓中に占拠病変、治療後:腫瘍は消失

採血 1回 約22mL~44mL
リンパ球培養期間 約2週間 (個々の治療内容により培養法や日数が異なります)
活性化リンパ球投与法 1回2種(NK系1バック、CLT系1バック) 点滴

パッケージシステムで早い効果と威力
従来の免疫療法は、時間がかかる・効果が穏やか・3ステップで複雑でした。新システムの免疫細胞療法は、即効性がある・効果的な威力で難治性がんに対応・パッケージシステムで効率アップしています。

超特異的がん攻撃システム
・腫瘍抗原が複雑化しているがん細胞に対し、効果が期待できる。・CTLの弱点を補うようにプログラムされている。・いろいろなタイプのがん組織への攻撃が期待できる。・超特異的迎撃システムで強い抗がん力を発揮します。

診療に関するお問合せ・ご予約はお電話ください
お問合せ・ご予約の電話番号 03-3222-1088(受付時間 日曜・祝日を除く10時から17時)

資料のご請求はこちらから
資料のご請求

更新日:2017年12月12日