きらきら生活ブログ

患者さまとご家族の皆様が楽しめるPremiere Salon ‐プルミエールサロン

“Premiere Salon”とは・・・
「プルミエールクリニックの患者さんとご家族の方に、楽しんで頂けるイベントを開催しよう!」という、星野院長の一声により、スタートする事になりました。
患者さまとご家族の皆様に楽しんで交流して頂く会です。

第1回目となる“Premiere Salon”は 9月11日に開催しました。
ご参加いただきました患者さま、ご家族のみなさまに厚く御礼を申しあげます。

まずは、記念すべき第1回目のご報告を皆様にお伝えします。

~心にやさしいおもてなし~
サイモントン療法 川畑先生との楽しいトーク

サイモントン療法の川畑先生によるグループセッションを行いました。
今回のテーマは「自分が幸福感を感じる時」です。
最後はスタッフも含め全員でリラックス出来る呼吸法を、川畑先生の心地よい声のもとで行いました。

~美味しいスープでおもてなし~
管理栄養士 沖先生の癒しのスープ

キャベツのポタージュ

川畑先生の呼吸法で心も体もリラックスした所で、沖先生に作っていただいたスープが、体のすみずみまで染み渡るようでした♪

●「癒しのスープ キャベツの ポタージュ」レシピはこちら

~心と身体にアロマでおもてなし~
スタッフとアロマ芳香浴

一転して賑やかに!
自分が好むアロマを選んでアロマストーンを作って頂きました。

アロマストーンは“洋ナシ型”を用意しましたよ。

参加された患者さんご家族からは
「同じ治療をしている方とお話が出来て良かった。」
「患者の家族同士、同じ辛さを共有出来て良かった。」
「川畑先生のグループセッションが大変良かった。」
「家族として同じ悩みを他のご家族も持たれていると知り、色々と共有する事が出来た!」
など嬉しいお声を頂戴いたしました。

第1回という事でスタッフも緊張していましたが、参加頂いた患者さんやご家族の方が笑顔で帰られた事を何より嬉しく思います。今後も定期的に開催して参りますので、是非お気軽にご参加下さい。

次回は12月を予定しております。テーマは「楽しい食」について美味しく、楽しいお時間をご用意したいと思っております。

レシピ:
癒しのスープ
キャベツのポタージュ

☆薬の副作用や胃もたれなどで食欲のないときに
☆気分が落ち込んで、何となく食べたくないときに

材料

4人分

  • 高原キャベツ 250g
  • 玉ねぎ 100g
  • にんにく 1/2片
  • セロリの茎 30g
  • ローリエ 1枚
  • オリーブオイル 大1
  • 白ワイン 50㏄
  • 豆乳(または牛乳・生クリーム) 50㏄
  • 水 550㏄
  • 塩 小1/2と ひとつまみ
  • ピンクペッパー(黒コショウでも可) 少々
  • 枝豆(彩り) 適宜

作り方

1. 熱した鍋にオリーブオイルを入れ、薄くスライスしたにんにく・玉ねぎ・セロリ・ざく切りにしたキャベツをしんなりするまで中火で炒めます。(5~6分)

2. 1の鍋に水・白ワインを加えてローリエを入れ、10~20分野菜がとろっとするまで煮込こみ、火を止めてそのまま冷まします。

3. 2の鍋からローリエを取り出してフードプロセッサー(ミキサー)にかけて滑らかにし、鍋に戻して豆乳を加えて加熱し、塩で味を整え器に盛り、ピンクペッパーと枝豆を飾ります。

スープ1杯でこんなにいいことが!

☆キャベツに含まれるキャベジン(ビタミンU)には胃潰瘍の予防や改善の効果!

☆でんぷん分解酵素のジアスターゼも含み、消化を促し胃の不快感をやわらげてくれます。

☆セロリの香り成分のリラックス効果で精神も安定し、イライラ解消に。

☆にんにくや玉ねぎの硫黄化合物を合わせることで沢山の種類の抗酸化野菜が1度に摂れます。

☆スープ2杯で、1日に必要な淡色野菜の2/3量が摂取できます。

アーカイブ

年別アーカイブ

カテゴリー