きらきら生活ブログ

京都歳時記(3)~祇園を彩る花見の名所・円山公園

 

今回は円山公園をご紹介します。

西に八坂神社、南に高台寺、北に知恩院と名刹に囲まれ、東に東山連峰を従える円山公園は、1886(明治19)年に開設された京都市最古の公園として知られます。

緩やかな丘陵を利用して造られた園内は8万6641平方メートルの面積を誇り、大きな池が中心に配置された回遊式庭園です。

音楽堂が設けられ、茶店も点在し、憩いの場として市民の心を和ませる園がとりわけ賑わうのは4月上旬の花見時。

入り口には露店が並び、桜の下にはシートが敷かれ、名物の夜桜を楽しむ花見客でごった返します。

園内には約800本の桜の木があり、風情のある古木が多いのですが、中でも園中央で咲き誇る枝垂(しだれ)桜は「祇園枝垂桜」という名称を付与され、日本全国に多くのファンを持ちます。

「祇園枝垂桜」が花見客の耳目を集めるのは天然記念物に指定されながら、1947(昭和22)年に枯れ死した“初代”から続く園のシンボルであると同時に、凛とした雰囲気を包含した「孤高の気高さ」を醸し出しているからに違いありません。

「清水へ祇園をよぎる桜月夜今宵逢ふ人みな美しき」――

与謝野晶子が詠んだこの歌は祇園の「舞姫(舞妓・踊り子)」をほめたたえたものといわれていますが、日本一有名な枝垂桜と向き合った多くの人が、華やいだ気持ちで夜道を帰り行く姿が目に浮かんでくるようです。

 桜を見ながらゆっくりと歩くことは、リラックス効果だけでなく、代謝アップも期待できます。

是非京都にいらっしゃった折には円山公園まで足を運んでみてください。

shidarezakura

 

 

 

 

 

 

 

※ 2013年3月27日現在、円山公園のしだれ桜は満開間近で、見頃は4月中旬まで続くようです。(ほかの桜はまだ咲き始めです)

4月14日(日)まで 祇園枝垂桜はライトアップされています。

アーカイブ

年別アーカイブ

カテゴリー