腫瘍免疫チェック

腫瘍免疫チェックについて

免疫の状態を正しく知って 最短の治療を選択する羅針盤的解析

免疫細胞療法は、低下した免疫力をがんと闘えるまでに強化することが目的です。個体差を重視した免疫細胞療法を行うには、改善すべき免疫システムがどこなのかを正しく知る必要があり、腫瘍免疫チェックは必須項目となります。

採血による最新の免疫学的技術を駆使した検査によって、免疫の状態を的確に把握していきます。がん分子免疫の主となるNK細胞やT細胞の機能、腫瘍免疫やがん血管新生に関与するサイトカインの測定などを行い、それぞれの細胞力を測定します。また、投与した活性化させたリンパ球や活性化させた樹状細胞の効力を調べる場合には、バイオアッセイ法の検査でその活動性を測定します。

3つの良性免疫物質=キラー活性(免疫的にがんを攻撃)、Th1機能(免疫バランスの改善)、IL-12(良い免疫エネルギー源)
3つの悪玉免疫物質=IL-6(代謝異常・悪疫質・骨が弱くなる)、TGF-β(がんの助長)、PGE2(痛み・疲労感)

腫瘍免疫チェックによってこれらの免疫物質の状態を調べます。

腫瘍免疫チェック項目

抗がん細胞活性 (1) NK活性 実際にがんを倒す免疫細胞の元気度です。
免疫バランス (2) TH1/2バランス 免疫のバランスが良い方向か悪い方向かをみます。
(3) CD4/8バランス
(4) CD4/25バランス
良い免疫ホルモン (5) IL-7 善玉免疫ホルモンです。
(6) IL-12
悪い免疫ホルモン (7) IL-6 悪玉免疫ホルモンで、がん細胞が自分自身を免疫の攻撃力からのがれるために作る免疫抑制物質です。
(8) TGF-β
(9) PGE2
がん及び異常な血管の新生因子 (10) VEGF がんの増殖や転移と深く関わるがんの栄養血管を作るホルモンです。
(11) TNF-α
体の酸化度合 (12) 酸化ストレス度測定 酸化ストレスは体のさびつき度、抗酸化力はさびつきにくさを示しています。
(13) 抗酸化力測定

バイオアッセイ法検査

細胞因子の濃度を検査するバイオアッセイ法を用いて、投与した活性化させたリンパ球や活性化させた樹状細胞の活動性を調べその効力を測定します。

診療に関するお問合せ・ご予約はお電話ください
お問合せ・ご予約の電話番号 03-3222-1088(受付時間 日曜・祝日を除く10時から17時)

資料のご請求はこちらから
資料のご請求

公開日:2011年7月8日