がん治療法の変化

ここ最近、がんの治療法が大きく変化しています。
従来の-手術、化学療法、従来型放射線治療-など有害性の強い治療から、分子標的薬、重粒子線さらに抗PD-1抗体まで、副作用が以前より少ない治療で、しかも効果も目覚ましい方法が誕生し普及しようとしています。

この秋10月に東京と大阪でする勉強会で、しっかりと解説しまして、一人でも多くの患者さんに 時代の恩恵を享受していただきたいと願います。

カテゴリー: 日々考えていること   パーマリンク