がんとテロメア(6)
テロメア長に関係のない細胞老化について

前回まで、細胞死・細胞老化にはテロメア長が深く関係しているというお話をしてきました。
ところが、中にはテロメアに無関係な細胞老化が起こることもあるのです。

その要因には、活性酸素などによる酸化ストレス、DNA損傷などに加え、異常に強くなった
細胞増殖シグナルが挙げられます。
この細胞増殖シグナルが強まる原因には、がん遺伝子の活性化やがん抑制遺伝子の
失速などがあります。

テロメアと無関係な細胞老化は、がん原遺伝子の活性化やがん抑制遺伝子の
不活性化による発がんを抑えるシステムとして重要だといえるでしょう。
裏を返せば、「テロメア短縮による細胞老化」と「それ以外の細胞老化」という2段構えの
壁を乗り越えて、がん細胞は生じているのです。

カテゴリー: がんの生命(いのち)   パーマリンク

コメントを残す