変動型分子標的樹状細胞療法(特許出願中)

変動型分子標的樹状細胞療法について

変化し続けるがん抗原に対し、がんの治療耐性を克服する

常に変化し続けるがん細胞の抗原(ペプチド)に対応するために、治療時の患者さまに最も適したペプチドを検査により選別し、がんの治療耐性の克服を目指した、プルミエールクリニック付属研究所 Astron Institute の開発による画期的な治療法です。

抗がん剤が効きにくい方
がんが再発した方
難治性がん・進行がんの方
多発転移、広範囲に転移している方
  • 副作用が少なく、あらゆる難治性がん・進行がんに対応
  • 通常1~4週毎

変動型分子標的樹状細胞療法とは

患者さまの血中のメモリー情報をもとにがん抗原(ペプチド)の変化を予測し、その時その時で
最も効果が期待できるペプチドワクチンを分子標的樹状細胞® に搭載する治療法です。

がん細胞は免疫の攻撃から逃れるため、攻撃目印となるがん抗原(ペプチド)を変え続けます。そのため、はじめは効果があったペプチドワクチンや抗がん剤が、使い続けるうちに効かなくなってしまうことがありました。
一方で、私たちの体は出現したがん抗原を記憶するメモリー機能を備えています。その点に着目し、プルミエールクリニック付属研究所 Astron Institute は、血中に存在するメモリーの情報とペプチドワクチンとの反応性を経時的に調べ、今後現れる可能性のあるがん抗原(ペプチド)を予測する技術を開発しました。
この技術によってその時々で効果が期待できるタイムリーなペプチドワクチンを搭載することが可能になり、分子標的樹状細胞® はいつでも本来の力を発揮しやすくなりました。今までの免疫療法や化学療法が効かなくなってきた方や、がんが再発した方にご提案する治療法です。

お問合せ・ご予約はお電話ください
お問合せ・ご予約の電話番号 03-3222-1088(受付時間 日曜・祝日を除く10時から17時)

資料のご請求はこちらから
資料のご請求

公開日時:2014年11月21日 | 樹状細胞療法 |